薬ダメ、絶対!

賛同できません! 薬をやった人をセンセーショナルに取り上げるのをやめて欲しいという訴えですが、全くもってその意図がわかりません。違法薬物をやった人が、社会復帰しやすい環境をという趣旨も述べられていますが、私はより厳罰をもって接するべきなのではないかという考えです。

違法薬物は違法薬物であって、それを安易に容認するような風潮があれば、ますますはびこることが容易に考えられます。違法薬物に関しては、むしろ厳罰をもって処罰するべきと考えています。

作品を放映するしないは、放映権を持つところが判断すべきで、それを薬物依存に対する対応と結びつけるべきではないと考えています。

薬物事件は欧米諸国では、刑事事件という観点よりメンタルヘルスの問題として扱われ、非犯罪化が進んでいます。薬物事件を起こした人は、なんらかの生きづらさや依存症の問題を抱えており、これは刑罰では解決せず治療が必要です。

芸能界も潜在化している薬物問題に苦しむ人々に配慮し、必要以上に問題を大きくして、社会から排除されることがないようにして下さい。

あえてリンクは張らない。

この部分に関しては言語道断。重大な刑事事件として捉えて、厳罰をもって処するべき。このような安易な考えでは、薬の配給元(ザックリと言えば暴力団)が得をするばかりです。

薬ダメ、絶対! 強く主張しておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました