アスリート・ファースト?

未分類

オリンピックでもめていますね。今日の時点で、7〜8月の開催は無理という風潮です。日本の新型コロナの状況はともかくとしても、世界の状況はかなり危機的ですね。そんな中で、開催は確かに無理だと思います。

タイトルに「?」をつけたのは、もうおわかりですよね。オリンピックが商業化の波にのまれたのはもうかなりたちますので、今さら本当の意味での「アスリート・ファースト」なんてきっとどこにもないんですよ。ただ、今回はかなりクローズアップされているように思います。

選出過程がストップしているものもあれば、選出されても練習もままならぬまま、やきもきしている選手もいます。一言で言って、かわいそうです。いくつかの国が、年内の開催が決定した場合、選手団を派遣しない。と言う決定を下しました。これもかわいそう。選出された選手は、開幕に合わせて調整していたはずです。1年先延べになって、調整がうまくいく保証はありません。例えば、カナダが選手団派遣に関して先鞭をつけました。カナダの選手の中には、落胆した人もいたはずです。現在の状況を見れば仕方ないとは言え、かわいそうなのには変わりません。

マラソンの選手なんかは、真夏の東京開催に合わせて、作戦を立てていたのが、札幌開催に変更になり、さらに開催そのものが繰り延べになるという二重三重の変更に合わせて調整しなければならないことになります。もっといえば、選出そのものが無き者にされて、やり直し。と言うことにもなりかねませんね。可能性はそっちの方が高いような気がします。

アスリート・ファーストどころか、一番後ろに追いやられているのが、アスリートなのかもしれません。八方ふさがりの中、(全て丸く収める)解決策はないように思います。かわいそうです。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました