医療崩壊

未分類

Facebookから流れてきたレポートを引用させていただきます。イタリアの現状です。ニュースで見るよりも、現状の悲惨さが伝わってきます。

コロナが猛威を振るうヨーロッパから一生懸命、分かりやすくお伝えします。状況はかなり深刻です。日本でもロックダウン処置があり得るかもしれないとの発言を拝見しましたが、驚くのはそれに対する批判の声の多さ。桜はそんなに大事ですか?卒業式は…

小柳晶子さんの投稿 2020年3月25日水曜日

イタリアがかなりひどい状態であるというのは、ニュースなどで伝わっています。しかし、これほどとは正直思っていませんでした。命の選別。日本の医療現場ではそんな話まだ伝わってきていませんね。

重症になったら、ICUに入って医療を受けられる。よくなったら一般病棟へ移る。普通の病気ならそれでいいですね。上に引用したイタリアの現状から衝撃的なフレーズを更に抜き出してみます。

パンクの状態、とは、誰を助け、誰を見捨てるかを選ばなければいけない状態、です。

イタリアでは高齢者を見送り、若い人を助ける措置を続けています。

https://www.facebook.com/shoko.koyanagi.94/posts/1455049837990315

当事者になった場合、どうでしょうね。自分は生かされる方に選別されるのか、見捨てられる方なのか。イタリアの医療現場はそこまで追い詰められているんですね。それを、対処が遅れた為だと笑うことはできません。日本だって舵取りを間違えたら、同じことになってしまいます。日本で今一番危険なのは、首都東京。人口密集度は他の地域の数倍でしょうか。舵を取る小池さん、間違えないなんてことはありません。「間違えましたごめんなさい」ではこの場合済まされないのも、おわかりいただけると思います。

特効薬がないのが、新型コロナの現在の特徴です。こと重症化してしまうと、対症療法でしか選択肢がない。おまけに、ウィルスをばらまきますので、特別な施設でなければ対応出来ません。ベッド数には限りがあります。野戦病院のように、廊下で寝せておく訳にはいかないでしょう。いや、それを選択せざるを得ないほどに追い詰められる医療現場が、もしかしたら今のイタリアなのかもしれません。

早く対症療法ではなく、根治療法が確立されて欲しいです。そして、医療崩壊が起きないように。人ごとではなく、強く願いたいと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました